雑記・2018年所感、UGSFやアイドルマスターがあるから生きていけるという事

一部の方はご存知かもしれませんが、サークルの代表はもともと先天性のハンデがあった上、3年前に新たな病気に見舞われ、現在も自宅で開発業務をするのが精一杯で厳しい状況にあります。
本来なら皆さんも実情を知れば「何もせずに休め」と言うかもしれません。
でも、休んだら私は生きる意味も、よりどころである楽しさも失い、それこそ生きる力を失うでしょう。
MMD杯ZEROの一件でかなり体力を使い果たしたが、そこで来年はもっと面白いのを作ろうと思いました。
アイマスMRで春香の姿を見た時、またこの続編が出るまで生きようと思いました。

そんな結果をまとめたのがこちらです。
これが私のUGSFファンとしてのスタンスです。

全文を読みたい方はこちらのモーメント後半をご覧下さい


 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください